第259回 ウィリアム・A・ ヴァンス『答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』

ウィリアム・A・ ヴァンス『答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』

皆様、こんにちは。本日は、ウィリアム・A・ ヴァンス『答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』(CCCメディアハウス)をご紹介したいと思います。

ウィリアム・A・ ヴァンス『答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』

内容紹介

『王道』と信じ込まれているコミュニケーション向上のための方法の中には、たいして役に立たないものがある。

ウィリアム・A・ ヴァンス『答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』

あなたはきっと、「コミュニケーション能力を向上させたい」を思っていることでしょう。

そして、もしかするとコミュニケーション能力を高めるために、さまざまな書籍を手に取り、いろいろなネット記事を読み漁り、各種セミナーにも参加しているかもしれません。

そんな方には、大変お気の毒なのですが、どうやら「日本で知られているコミュケーションを高める方法は、たいして役に立たないものが多い」のだ、筆者は言います。

日本で定番とされているコミュニケーションの方法は、例えば次のようなものです。

  • 「『質問力』こそがコミュニケーション能力を高める」
  • 「質問に対しては、できるだけ短く答えるべきだ」
  • 「聞かれたことに忠実に答えることが大切だ」

どれも社会人1年目に教えられるような基本的なことばかりです。あなたもこの原則に従い、それに合わせた能力を身につけてきたことでしょう。

しかし、これらの原則が全てまちがいだと言われたら、あなたはどう思いますか?


本書のタイトルは、『答え方が人生を変える あらゆる成功を決めるのは「質問力」より「応答力」』。これこそが本書の内容を全て要約しています。

そして、より良い「応答力」を身につけるためには、「質問をリープする」という考え方が大切なのだ、と筆者は言います。

「リープ」とは、だいたい「飛び越える」というような意味です。「質問を飛び越える」とはどういうことか?それは、ぜひ本書を読んで学んでください!

結局、あなたを最高のコミュニケーターにするのは「応答力」

さあ、あなたも一流の「応答力」を身につけ、より良いコミュニケーターを目指しましょう!

感想

「質問をリープする」。私になりに考えると、これは「質問の真の意図を読み取り、それに対する適切な答えを用意すること」と言い換えられるでしょう。

例えば、あなたが上司から、「今日のプレゼンはどうだった?」と質問されたとします。

これに対して、「まあまあ良かったと思います。」と答えてしまっては、これは典型的な「質問をリープできていない」答えです。

普通、単純にあなたのプレゼンの調子が知りたくて、「今日のプレゼンはどうだった?」などと質問する上司はいません。

その質問には、企画発表の場であれば「今回の企画は通りそうか?」、取引先でのプレゼンならば「契約は取れそうか?」といった真の意図が含まれているはずなのです。

こう考えると、「質問をリープした答え」とは、例えば、「まあまあでしたね。でも正直、今回の企画は厳しそうです。」とか、「結構良かったですよ!多分契約が取れると思います。」といった感じになるのでしょう。

確かに、いずれも「質問に対して忠実に答える」という原則からは外れています。


 

改めて考えてみると、人は必ずしも意図したことを言葉にするわけではありません。そればかりか、時には、思っていることと全く逆のことを言葉にしたりもするのです。

「コミュニケーション能力を向上させたい」と思うのであれば、その点をきちんと認識しなければならないのでしょう。

相手の発言を、言葉のまま理解し、それに対して忠実に答えを用意しているようでは、まだまだ二流・三流なのかもしれません。

「質問をリープする」、つまり「質問の真の意図を読み取って、適切な答えを用意する」。そんなことができる人になりたいものです。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

「なるほどなあ」と思わせられることがとても多かった気がします。日本で常識とされている応答法のほとんどが、実際は、それほど効果的ではないということに気づかされ驚きました。

ぜひ多くのビジネスパーソンに読んでいただきたい本です!

こんな人におすすめ

  • 「コミュニケーション能力を高めたい」という人
  • 「質問に対する良い答え方を学びたい」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です