第247回 棚田克彦『世界のエリートもまだ知らない スピリチュアル経営術』

棚田克彦『世界のエリートもまだ知らない スピリチュアル経営術』

皆様、こんにちは。本日は、棚田克彦『世界のエリートもまだ知らない スピリチュアル経営術』をご紹介したいと思います。

内容紹介

本書でお伝えする内容は、巷で広く教えられている単なるビジネスの知識やテクニックを遥かに超えたものであり、それでいて、「売上を伸ばす」「トラブルを解決する」「意思決定を下す」「チームを率いる」といった具体的なビジネスの場面で安定して最高の結果を保証するものです。

棚田克彦『世界のエリートもまだ知らない スピリチュアル経営術』

「心」や「家族」の状態があなたのビジネスの成否に大きく影響している。そう言われたらあなたはどう思うでしょうか?

確かに「心」の状態は、ビジネスの成否に影響するかもしれません。気分の良い時は仕事も捗るでしょうし、逆に気分が落ち込んでいる時は、仕事のやる気も出ないでしょう。

「家族」の状態に関してはどうでしょうか。こちらも、確かにその通りでしょう。パートナーとの仲が悪く、いつも夫婦喧嘩が絶えないようでは、快適に仕事ができるはずもありません。子供がいじめられていたり、引きこもりがちだったりと心配事を抱えていれば、仕事も手につかないでしょう。

このように「心」や「家族」の状態は一般的に考えてみても、確かにビジネスの成否に大きく影響しています。

しかし、本書で語られているのは「仕事に取り組む際の気分の良し悪しやストレスの有無が仕事のパフォーマンスに影響する」とか、「家族とのプライベートの状況が仕事に影響を与える」とか、そういうレベルの話ではありません。

本書の内容は、トランスジェネレーションヒーリングと呼ばれる最先端の心理セラピーの手法をビジネスの課題解決に応用するものです。

「トランスジェネレーションヒーリング」とは一体何か?

直訳すれば「世代を超えた治療法」ぐらいの意味ですが、これは、会社組織や各種団体、お金等の実体を、私たち人間と全く同じように魂を持った「一つの生命体」とみなし、その生命体が従う法則を分析して明らかにし、実践しようとする手法だそうです。

この説明を読んでも、正直よくわからないですよね?

このトランスジェネレーションヒーリングという手法ですが、筆者自身も「クレイジーな手法だ」と語るほど、にわかには信じがたい、一見すると非合理的な手法に思えます。

特に宗教に関心のない私たち日本人にとっては、こういうスピリチュアルな内容は受け入れがないものでしょう。

けれども、最先端のものは、いつもたいていの人には受け入れられないものです。今は怪しくてクレイジーだと感じるこの手法も、今後画期的なビジネス手法になっていくのかもしれません。

言われてみれば、確かにビジネスにおいては、知識やテクニックだけで解決できない”何か”が存在します。それこそがまさしく筆者の語る「無意識の心」なのでしょう。

ビジネスの知識やテクニックについてはとことん学んだはずなのに、それでもなかなか成功できない、という人におすすめです!

感想

ビジネスを大きく発展させて成功に導くマインドセットは、「与える」や「貢献する」という心の態度、と筆者は言います。

なぜ「与える」人が成功できるのか?

これは考えてみれば当たり前です。もしあなたが顧客として何かを買おうとしている時、「私はあなたのために奉仕します」という態度で、真剣にあなたの利益を考えてくれる営業マンと、「あなたは私に奉仕してください」という態度で、結局自分の利益しか考えていない営業マンだったら、どちらからモノを買いたいと思うでしょうか?

当然、前者の他者に貢献・奉仕する姿勢の営業マンなはずです。

それでは、次の疑問として、この「奉仕する人」と「奉仕されたい人」の心構えの違いはどこから生まれるのでしょうか?

驚くことに、この違いのルーツを調べてみると、それは、母親との関係にたどり着くというのです。

子供の頃、母親から愛情を得ることに成功した人は、大人になった時に、「自分は十分に愛情を受け取った、今は他者に与え、奉仕する番である」と思えます。

結果、「与えること」や「奉仕すること」に積極的で、ビジネスでも成功できるのです。

対して、母親からの愛情を十分に受け取れなかった人は、「私は十分に受け取っていない」「まだ足りない」「私は受け取る人間だ」というように、他者から受け取ることにしか興味のない態度になってしまいます。

その結果、仕事もうまくいかず、もっと悪いことに、その失敗を「誰も買ってくれない」「会社が悪い」「上司が悪い」といった具合に、自分に何かを与えてくれない他人のせいにしてしまうのです。


 

なるほど。こうしてみてみると、世代を超えた(トランスジェネレーション)つながりというのは、確かにビジネスの成否と関係しているかもしれません。

私自身、スピリチュアルなことはあまり信じていませんが、この「母親との関係」という部分については、とても勉強になりました。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

確かに、今までの経営術とは異なる、新しい視点からの内容でした。読めばきっと何か役に立つことを学べるでしょう。

現在、Kindle Unlimitedで利用可能です。会員の方は、この機会にぜひ読まれてみてはいかがでしょうか?

こんな人におすすめ

  • 「ビジネスの知識やテクニックについては、とことん学んできたが、なかなか成功できない」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です