第246回 岩山仁『21日間・自分革命』

岩山仁『21日間・自分革命』

皆様、こんにちは。本日は、岩山仁『21日間・自分革命』をご紹介したいと思います。

内容紹介

心が変われば、態度が変わる

態度が変われば、行動が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、人格が変わる

人格が変われば、運命が変わる

運命が変われば、人生が変わる

あなたも一度は見聞きしたことがあるであろうこの言葉、実はこれ、インドに古くから伝わる言葉だそうです。

本書の狙いは、この言葉の一番初め、つまり「心を変えること」です。

とは言え、「心を変える」と言われても、「心」というものが、あまりにもつかみどころがない存在です。人は自分の心でさえも、正確に把握することができませんし、ましてやコントロールすることなどできません。

そう、「心を変えれば」などと簡単に言うものの、実際はそれがかなり難しいから、皆悩み苦しんでいるのです。

直接「心を変える」のはとても難しい。ならば、まずわかりやすい身体の動き日々の習慣を少し意識して変えることで、心を変えていくことが必要だ、と筆者は言います。

そうなれば次の疑問は、「心を変えるためには、日々のどんな行動を変えていけば良いのか?」。本書ではそれについて説明しています。

ちょっと意識して行うだけで、人生に大きな変化を生み出してくれるような21個の課題が用意されているのです。

内容を少しだけ紹介すると、具体的には次のようなものです。

  • 「寝る時間、生きる時間を決めて、実行する」
  • 「朝起きたら、太陽の光を浴びる」
  • 「夜寝る前に、ゆっくりと深呼吸する」

最近、よく「○○日で変わる」とか「○週間で自分を変える」などというタイトルの本をよく見かけます。その数字は、本書と同じように、だいたい「21日」とか「3週間」が多いのですが、その理由は、人が新しい習慣を身につけ、今の生活を変えるには、およそ「3週間」かかると言われているためです。

だから、本書の課題をきちんとこなせば、あなたもきっと変われるはずです。

ぜひ皆様も、3週間の課題をサボらずに頑張って実践してみてください。そうすれば、あなたの人生はきっと良い方向へ向かうでしょう!

感想

本書で一番初めに取り上げ挙げられている課題、それが

「寝る時間、起きる時間を決めて、実行する」

というものです。

当ブログでは、「習慣術」などと銘打った本を、これまでにもたくさん紹介していきましたが、そういった本のどれをみても、この「寝る時間、起きる時間を決めて、実行する」という内容が必ず書かれています。

つまり、それだけ重要な習慣であるということなのです。そして同時に、一見簡単そうに見えて、実は多くの現代人が実践できていない習慣でもあります。

実際、誰よりも私自身がこの習慣を実践できずにいます。

「決まった時間に寝て、決まった時間に起きることができれば、もっと効率よく動けるはずだ」。頭では理解しているのですが、やっぱりこの時期になると、朝なかなか布団から出たくなるくなります(笑)

特に土日など休みの日は、寝れるだけ寝てしまいますから、必然朝起きるのが遅くなり、夜寝るのも遅くなります。

そうやって生活のリズムを乱してしまった直後、また月曜日を迎えて早起きしなければならなくなるのですから、身体が好調なはずがありません。


 

まあ、そんなふうにできない理由をいくら探しても意味はないですから、できる方法をどうにか考えていこうと思います。

なかなか習慣化できずにいますが、私はこれからも「決まった時間に寝て、決まった時間に起きる」という習慣を諦めずに身につけていこうと思います!

(今日は何だか内容の薄い感想になってしまいました…)

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

内容はこの手の本としてはいたって普通です。本書の変わっている点といえば、各章ごとにヨガストレッチの方法が紹介されていることでしょうか。

Kindle Unlimitedで利用可能なので、興味のある方はぜひご一読ください。

こんな人におすすめ

  • 「自分を変えたい」と思っている人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です