読書の効率を10倍高める便利グッズ7選!!

はじめに

皆様、こんにちは。本日は、あなたの読書の効率を劇的に高めてくれる、「読書便利グッズ」7つご紹介したいと思います。

今年の2月に当ブログを開設して、はや8ヶ月以上が経過しました。これまでに240を超える書籍をご紹介してきた私ですが、実はブログを始める前まで読書がすごく苦手で、月に3冊以上本を読むことなど絶対にありませんでした

そんな私が、いろいろな工夫をすることで、今では月に30冊以上の読書が可能になっています。

私の読書人生を変えてくれたアイテムとは何なのか?ここでは、それをご紹介いたします。

なお、この記事は、読書を”快適に”する方法ではなく、”効率的に”する方法を主旨としています。そのため、「読書を趣味や娯楽として考えている」「読書が好きでたまらない」という人にとってはあまり得るものがないことでしょう。

「読書が苦手だが、勉強のためにも読書習慣を身に付けたい」「仕事が忙しくても、どうにか読書の時間を作りたい」「少ない時間でも読書をものにする方法はないだろうか?」そんな人たちにぜひ読んでいただきたいです。

1. 付箋

本を読んでいて、大切だと感じたこと、身に付けたいと思った知識、心揺さぶられたところには、ぜひ付箋をつけてください。こうしておけば、後ですぐに見返すことができます。

人間の記憶とは意外と頼りないもので、読んでいるその時は「絶対に忘れまい」と思っている内容も、実際は数日、下手をしたら数時間ほどで忘れてしまいます

別に忘れることそれ自体が問題なわけではありません。問題なのは、「あっ、あの本に書いてあった気がする」と思った時にすぐに見返せず、最悪の場合、結局見つけられずに終わってしまうことです。

忙しいビジネスパーソンにとって同じ本を何度も読むというのはあまり現実的ではないですし、あまり効率の良いやり方だとも思いません。

短時間の読書でも、確実に自分のものとするべく、大切なところだけを繰り返し見返せる環境をつくっておきましょう!そのためには、付箋が最も効果的です。

2. 照明

意外に思われるかもしれませんが、照明ひとつで読書に対する集中力はだいぶ変わります

そして、照明を選ぶ際に大切なことは、「色温」が調整できるものを選ぶことです。オレンジ系の温かい光は、集中力をいっそう高めてくれます。

3. タブレット or Kindle端末

最近、ますます利用者を増やしていますが、読書を効率化したいのであれば、ぜひ電子書籍の利用をおすすめします。

電子書籍を使うメリットは、だいたい次の通りです。

  • 持ち運びがラク
  • セールが頻繁に開催され、紙の本より断然安く買える
  • 防水端末を使えば、水に濡れることも心配しなくて良い
  • 検索機能が利用できる(個人的にかなり重要)
  • 暗所でも読める

電子書籍といえば、まず間違いなくAmazonKindleを利用することになるでしょう。

意外と勘違いされがちなのですが、KindleはKindle専用端末を持っていなくても利用できます。お手持ちのスマホやタブレット(例えばiPhoneやiPad)でもアプリをインストールすれば利用可能なのです。

ただ、画面の大きさから言って読みやすいのは、断然タブレットもしくはKindle専用端末の方です。あまり大きすぎるのもかえって問題ですが、7~10インチぐらいのタブレット端末があると電子書籍は一層読みやすくなるでしょう。

ちなみに、私は基本的にiPadを使って読書をし、電車などの細かな移動時間にはスマホ(iPhone)を使って読書をする、といったように2つの端末を状況に応じて使い分けています。

4. スマホ

これは誰でもお持ちでしょう。読書を効率的にするための便利グッズ4つは目は「スマホ」です。

先ほど少し説明したように、電車やバスなどのちょっとした移動時間に電子書籍を読む際役立ちます。電車のような混雑した場所だとカバンやリュックの中からタブレットを取り出すのも一苦労です。しかし、スマホであればほとんどの人がポケットに入れており、簡単に出し入れできて便利

画面の小ささはやはり少々不満ですが、ごく短時間の利用なのであまり問題ではないでしょう。

また、スマホの活用法は電子書籍を読むことばかりではありません。後述する「オーディオブック」の再生のためにも、ぜひスマホを利用しましょう!

5. イヤホン

「読書の便利グッズを紹介しているのに、なんでイヤホン?」と疑問に思われるでしょうか?

「ノイズキャンセルのためや、読書に集中しやすい音楽を流すために使うのだろう」と考えた方もいるでしょうが、そうではありません。

すばりイヤホンは、「オーディオブック」を聴くために使います。オーディオブックについては以下のページで詳しく説明しました。合わせてご覧ください。

オーディオブックのすすめ!!使って感じたメリットとデメリット

2017.06.05

上のページで語っているように、オーディオブックには紙の本や電子書籍にはないメリットがたくさんあります。「忙しい生活の中に読書を取り入れたい」「隙間時間に読書をしたい」という人にとって使わない手はないでしょう。

更に言うと、オーディオブックを本当に使いこなしたいのなら、有線のイヤホンではなく、Bluetooth対応の無線イヤホンをおすすめします

ワイヤレスイヤホンなら、コードによって動きを制限されることも少なくなります。iPhoneを使っている人にとっては「充電しながらイヤホンが使えない」という問題も、これで解決です!

6. ノート

読書をしたら、「読書ノート」を書きましょう。

このページをご覧の皆様は、読書を趣味や娯楽として考えているのではなく、読書を通して自己研鑽を図ろうとしている人がほとんどなはずです。

だとすれば、「本を読んで終わり」ではなく、そこから得た知識を具体的な行動に変えていかなくてはなりません

「自分はこの本から何を学んだのか?」「この本の内容を自分の立場に当てはめてみるとどうなるだろうか?」「この知識を仕事にどのように活かしていく?」そんなことをまとめるために、せひ「読書ノート」を書いてみましょう!

スマホやパソコンのメモ機能やワープロソフトを使っても同様のことはできますが、私のおすすめは手書きです。

あらゆる研究によって、手書きの方が記憶の定着がよく、アイデアも生まれやすいことが証明されています。たった100円あまりの投資で、あなたの読書効率は激変するかもしれません!?

7. 読書を続けること

「便利グッズ」ではないのですが、読書を効率化するために一番大切なことは、「読書を続けること」です。

時々読者の方から「どうしたらそんなに速く本を読めるのか?」という質問を受けることがあります。

速く読めるようになった理由や速く読むための方法はいろいろあると思うのですが、一番の理由は、読書を通して知識が増え、その知識が他の本を読む時の理解を早めてくれるからでしょう。

つまり、読書をすればするほど、どんどん知識が蓄積されて読む速度は速くなります

なんでもそうですが、今までやってこなかったことを習慣化しようとするのは、とても大変な作業です。それは読書に関しても例外ではありません。

ですから、最初のうちは多少無理をしてでも読書を続けてみてください。そうすれば、あなたの読書効率はみるみる向上していくことでしょう!

皆様の充実した読書ライフを心より応援しています!

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です