第238回 牧野内大史『人生が変わる心のブロックの溶かし方』

牧野内大史『人生が変わる心のブロックの溶かし方』

皆様、こんにちは。本日は、牧野内大史『人生が変わる心のブロックの溶かし方』をご紹介したいと思います。

内容紹介

他でもない自分の好きな生き方を選べるように。

変性意識の本質を知り、心のブロックから自由になる方法。

牧野内大史『人生が変わる心のブロックの溶かし方』

本書で説明されている内容はいたってシンプル。「成功の秘訣は変性意識にある」ということです。

そうは言っても、変性意識とはそもそも何なのでしょうか?

変性意識とは、通常の意識ではない意識。いわゆる「火事場のばか力」とか「ゾーン」「フロー」と呼ばれる特別な集中状態のことです。

スポーツ選手や経営者など、世の中で一流と呼ばれる人たちは必ずこの力を意識的に使っていると言います。

この力を使いこなすことが仕事でも人間関係でもスムーズに前進するための最大の秘訣なのです。

しかし残念ながら、私たちのほとんどがこの変性意識の力を使えていないのだそうです。

それはなぜか?

多くの場合、「自分にはそんな大した力はない」という思いこみが、自分の能力を大きく制限してしまうのだ、と筆者は言います。そして、この自分の能力を制限しまうネガティブな思いこみのことを本書では「心のブロック」と呼んでいました。

「心のブロック」があると、何をやるにしても「自分にはできないのではないか…」「自分にはそんな力はない…」という思いこみのせいで、目の前のことに集中できなくなってしまいます。

目の前のことに集中できなければ、当然「火事場のばか力」や「ゾーン」「フロー」という極限の集中状態に到達できないことは明らかでしょう。

繰り返すようですが、私たちは「心のブロック」と呼ばれるネガティブな思い込みのせいで、変性意識の力を十分に使えず、成功を掴めないのです。

本書では、そのタイトルにもある通り「心のブロック」を取り除く方法を学びます。

とても少ない分量で内容がまとめられているので、本当にすぐに読み終えることができます。読書が苦手という方にもぜひおすすめの一冊です!

感想

ほとんどの人の願望は、実は、「自分の望まないこと」で構成されています。

とても衝撃的な言葉でした。

例えば、お金が欲しい人はそれを使って自分の望みを叶えたいわけではなく、今の仕事が嫌だったり、お金で苦労したくないからだったりします。

ダイエットをする人にしても、痩せて綺麗になって何かしたいことがあるというわけではなく、ただ太っている今の自分が嫌だったり、周囲から太っていると思われたくないだけです。

こうして見ていくと、自分が望んでいるものというのは、確かに「自分の望まないこと」によってつくられてしまっていることに気づきます。


 

「あなたが望んでいるものは何ですか?」と問われれば、あなたは今欲しているものをいくつか挙げることができるはずです。

また、「それが欲しい理由は何ですか?」と聞かれれば、おそらくその理由もきちんと答えられるでしょう。

しかし、そうして気づくのは、自分が何かを欲している理由が、残念ながら「自分の望まないこと」によってつくられてしまっているということです。

こうして思うことは、「何かが欲しい」「何かがやりたい」という感情に理由などいらないのではないか、ということです。

「将来のためになるから」とか「役に立つことだから」だと、一見それらしい理由を並べたとしても、その裏には、「将来に対する不安」とか「不完全な今の自分」というような、「何かをなくしたい」というネガティブな気持ちがどうしても含まれてしまいます。

私たちが幼いころ、夢中で遊んでいた時は、「どうして夢中になって遊んでいるのだろうか?」などとは決して考えなかったはずです。

何かに夢中になることに理由なんてない。それでいいのではないかと感じました。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

前述の通り、とても短い内容ですぐに読み終えることができます。忙しくて読書の時間があまり取れない方にもおすすめです。

現在、Kindle Unlimitedで利用可能です。この機会にぜひご一読ください。

こんな人におすすめ

  • 「自分らしく豊かに生きたい」という人
  • 「何かに挑戦する勇気をもらいたい」という人
  • 「今こそ夢を叶えたい!」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です