第235回 アミール・レバイン、レイチェル・ヘラ―『異性の心を上手に透視する方法』

アミール・レバイン、レイチェル・ヘラ―『異性の心を上手に透視する方法』

皆様、こんにちは。本日は、アミール・レバイン、レイチェル・ヘラ―『異性の心を上手に透視する方法』(プレジデント社)をご紹介したいと思います。

内容紹介

「恋愛関係において、私たちはロボットのようにあらかじめ決められた行動をするようにプログラムされている」

アミール・レバイン、レイチェル・ヘラ―『異性の心を上手に透視する方法』

  • 「私の恋愛はどうしていつも上手くいかないのだろうか…」
  • 「今度こそ恋愛を成功させたい!」
  • 「自分にあった良いパートナーを見つけたい!」

本書は、そんな人たちにぜひおすすめです。

すべての人は3つの「愛情タイプ」のどれかに当てはまる、そのように筆者は語ります。

これは「アタッチメント理論」という愛情表現に関する理論に基づいた主張です。「アタッチメント理論」とは元々、母と子の間に見られる愛情の関についての理論であったそうですが、その関係は大人がパートナーに対してみせる振る舞いにも応用できることがわかりました。

3つの「愛情タイプ」はそれぞれ次の通りです。

  • Sタイプ(安定型)…「私は他人と仲良くなって、頼ったり、頼られたりという関係を築くことに抵抗がありません。自分が見捨てられるんじゃないかとか、他人が自分に接近しすぎているんじゃないかといった心配はあまりしません」
  • Nタイプ(不安型)…「自分が相手と仲良くしたいと思っていても、相手からはそこまで思われていないと感じます。交際相手がいても、本当は愛されていないんじゃないか、捨てられるんじゃないかと、常に不安で仕方がありません。愛する人とは何もかも分かち合いたいと思うけど、そう言うと相手が去っていくこともあります」
  • Vタイプ(回避型)…「私は他人と仲良くなることについて、なんとなく気が進みません。他人は完全には信頼できないし、人に頼らないほうがいいと感じます。だから、交際相手にもべったりされると、すぐ嫌になってしまいます」

本書を読めば、自分が、そして自分のパートナーがどのタイプなのかが分かります。

そして、自分と相手がそれぞれ何型なのかがわかれば、どのように行動するのがベストなのかを本書は教えてくれます。

世にある恋愛指南書とは違い、相手に気に入られるよりも、相手のタイプを見極めることの方がずっと重要だと筆者は言います。

まずは自分の愛情タイプと相性の良いパートナーの愛情タイプを知るところから初めてみましょう。

恋愛を心理学や統計学の分野から分析した非常に興味深い内容です。恋愛に対して何か悩みがある方にはぜひおすすめします!

感想

上にも書いた通り、すべての人は、Sタイプ・Nタイプ・Vタイプいずれかの「愛情タイプ」に分けられます。

本書は、その中でも特に、「Nタイプ」の人に向けて書かれた本だと感じました。

というのも、一番恋愛に苦労しやすのがこの「Nタイプ」だからです。「自分は相手に嫌われていないだろうか…」「自分だけが一方的に愛情を寄せていて、重い人だとは思われてないだろうか…」、そう考えてしまうのがNタイプの人です。

Nタイプの人が恋愛に苦労しやすい理由は、他にもたくさんあります。

ある調査によると、「Nタイプの女性はVタイプの男性と交際しやすい」という傾向があるそうです。

親密さを何よりも求めるNタイプの人が、時には相手のことを無視したりと愛情表現をしたがらないVタイプの人と付き合うのは、一見不合理的な選択に思えます。

しかし実際は、NタイプとVタイプの人は互いに補い合う関係にあるのだそうです。

Nタイプの人といることで、Vタイプの人は「自分は相手のように他人に頼らない自由な存在だ」という思いを強くしたり、「他人は自分と近づこうとしすぎるのだ」という思いこみを増したりします。

つまり、お互いのタイプが、今までにも経験してきたようなシナリオを再び演じるような状況に惹かれているのです。

さらに言うと、Vタイプの人は、パートナーとの関係を終わらせる頻度が高いです。対して、Sタイプの人は付き合う人数が少なく、長く安定した関係を好みます。

その結果、恋愛市場にはいつもVタイプの人がたくさん流れ込んでくるのです。


 

ちょっと言い方は悪いかもしれませんが、確かに恋愛に過剰な悩みを抱える人(特に女性)は、自分のことをあまり好きでもない人と付き合って苦しめられている気がします。

そして確かに、関係をすぐに終わらせやすく、終わったかと思えば、また新しい人と交際しています。

もしあなたがNタイプだとしたら、まずはVタイプの人との交際を避けることです。

そしてNタイプではない人なら、Nタイプの人との交際はあまりおすすめしません。おそらく面倒臭いです(笑)

こんなふうに恋愛を心理学や統計学の分野から分析した大変おもしろい内容でした。

恋愛に関してはなぜか好奇心が湧くのが人間の性です。読めばあなたもきっと楽しめます!

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

大変おもしろい内容でした。読み進めていくと、「あ〜、これ自分のことだ」とか「あの人こんな感じだったわ〜」と思える部分にたくさん出会うことでしょう。

恋愛に興味がある、何かしら悩みを抱えているという人にはぜひおすすめです!

こんな人におすすめ

  • 「私の恋愛はどうしていつも上手くいかないのだろうか…」
  • 「今度こそ恋愛を成功させたい!」
  • 「自分にあった良いパートナーを見つけたい!」

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です