第223回 トニー野中『世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと』

トニー野中『世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと』

皆様、こんにちは。本日は、トニー野中『世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと』(王様文庫)をご紹介したいと思います。

内容紹介

お金にも、健康にも、時間にも、人にも恵まれ、好きなときに好きなことが自由にできる──それこそ私たちが知らない、幸福な大富豪の真の姿なのです。

こうした「幸せな大富豪」たちに共通しているのは、“生活の糧を稼ぐために一生懸命に働く”という考えがないということです。

その経済基盤のつくり方についても、本書で順に述べていきます。

トニー野中『世界の大富豪2000人がこっそり教えてくれたこと』

「幸せな大富豪」とは、ただ単にお金をたくさん持っている人のことではありません

どれだけお金を持っていたとしても、病気で体が動かなければ幸せではないでしょう。同じように、どれだけ高給を受け取っていたとしても、一日中働かなければならず、お金を使う時間もないのであれば、お金を持っている意味もありません。

本書で語られる「幸せな大富豪」というのは、「お金」「健康」「時間」「人間関係」のすべてにおいて自由である人のことです。

好きな時に好きなことができて、好きなものが買える。一日中動き回れる健康な体で、信頼できるパートナーや友人もいる。

そこれこそが本書で目指そうとしている「幸せな大富豪」なのです。


 

「世の中には、「お金」「健康」「時間」「人間関係」の全てに恵まれた成功者がいる」、そう聞いてあなたは何を思いますか?

「確かにそうなのかもしれない。でも、”自分はなれないだろう”。」そう思ってはいないでしょうか?

もしそうであるなら、残念ながらおそらく本当に「幸せな大富豪」になれないでしょう。

「成功者になりたければ、成功者の習慣を身につけなさい」、そのように筆者は語ります。

成功者と凡人に違いはなんなのか?それは、成功者と呼ばれるような人たちは、決して「自分が億万長者になれるわけがない」とは考えなかったことです。

我々は世間の常識にもまれるうちに「自分は、これくらいにしかなれない」というブレーキが心にかかってしまいます。そのブレーキさえなければ、本当はまだまだ遠くへ行けるのにです。

本書では、その「心のブレーキ」を外すために、成功者たちがどう考え、どう生きているのかを学びましょう。

「成功者たちの習慣」を身につけられれば、「幸せな大富豪」きっと近くに見えてくるはずです。

感想

「幸せな大富豪」になるためには、「”お金を超えたところ”に自分の目標を置くこと」だと筆者は言います。

お金というのは何かを達成するためのツールに過ぎず、それ自体がゴールではないはずです。そのことを忘れてしまっては決して大富豪になれません。

それでは、「お金を超えた本当の目標」とはどのようなものか?

それは、「それを想像するだけでワクワクするような目標」、「それを達成したら、次の日に死んでも後悔しない」と思える目標です。

そう言われると、「お金が人生の本当の目標にならない」ということも理解できます。

誰だってお金が欲しいと願っているはずですが、「10億円もらえるなら、明日死んだっていい」と思える人は絶対にいないでしょう。

あなたには、そんな自分の人生全てを捧げて成し遂げたい目標があるでしょうか?

お金を持っていない我々は、どうしても「お金持ちになること」が人生の最大の目標かのように考えてしまいます。

決してそんなはずはないのに、「お金さえあれば幸せになれる」という誤った思い込みをしているです。

皮肉なことに、お金持ちになれない理由は「お金に執着し過ぎているから」なのかもしれません。

安直に「たくさんお金が欲しい!」と考えるのではなく、それよりもっと先にある”本当の目標”をきちんと定めなけばならないのだと学びました。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

大富豪の生き方や考え方が学べる素晴らしい内容でした。また、読んでいくうちに「自分にもできそうだ!」「頑張ってみよう!」というモチベーションが湧いてきます。

幸せになるヒントがいっぱい詰まった良い本です!

こんな人におすすめ

  • 「お金持ちになりたい」という人
  • 「お金持ちの人の生き方や考え方を学びたい」という人
  • 「幸せになる方法を知りたい」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です