第218回 佐々木裕平『お金持ち生活のつくり方 今すぐこの習慣と思考法を身につけよう!』

佐々木裕平『お金持ち生活のつくり方 今すぐこの習慣と思考法を身につけよう!』

皆様、こんにちは。本日は、佐々木裕平『お金持ち生活のつくり方 今すぐこの習慣と思考法を身につけよう!』(こう書房)をご紹介したいと思います。

佐々木裕平『お金持ち生活のつくり方 今すぐこの習慣と思考法を身につけよう!』

内容紹介

お金持ちの家は広々としています。いいえ、より正確に言うならば、床の空いている面積比率が高いのです。

佐々木裕平『お金持ち生活のつくり方 今すぐこの習慣と思考法を身につけよう!』

「お金持ちになれるかどうか」はその人のお金の使い方を見ればすぐにわかるといいます。

少し想像してみてください。あなたがボーナスなり、宝くじを当てるなりして100万年の臨時収入を得たとします。あなたはこの突然手に入れた100万円をどう使いますか?

まず、最初に考えられる使い道は「消費」です。

「旅行に行く」「ブランド物のバッグや洋服を買う」「美味しいご飯を食べる」など、使ってしまえばそれっきりの使い方です。

そして残念ながらこれは、「お金持ちになれない人」の使い方です。

それでは、普通の人(小金持ちの人)ならどうするでしょうか?

彼らは100万円のうちいくらかを自分のご褒美のために使って、残りの大部分を「貯蓄」に回します。

100万円の使い道として、この「貯蓄」が思いついた人も多いことでしょう。

しかし、一見賢い選択に見えるこの「貯蓄」も残念ながらお金持ちの習慣や思考法ではありません

なぜなら、「貯蓄」は消費する時期を先延ばしするだけで、本質的には消費となんら変わりません。日本のような低金利の国で、100万程度の銀行預金では利子もたかが知れていますから、お金を増やせる見込みはほぼないでしょう。

では、お金持ちの人はどう考えるのでしょうか?

それはズバリ「投資」です。

「どの金融商品を買おうか?100万円なら、年率どのくらいのリターンが期待できるだろうか?どうやってお金を増やしていこうか?」

これがお金持ちの思考法なのです。

そうすると、冒頭に引用した「お金持ちの家は床の面積が広い」という言葉の意味もご理解いただけるでしょうか?

お金持ちの人は、収入の多くを「目に見えない」金融商品につぎ込みます。そのため、家には余計な生活品がほとんどなく、床が広々しているということです。

あなたの家の床は広々しているでしょうか?そして、あなたのお金の使い方は、お金持ちの思考法に沿ったものになっているでしょうか?

本書を通して、お金持ちになるための習慣と思考法を学んでいきましょう!

感想

お金持ちになるための大きなカギは「『お金の参照点』を固定させることだ」と筆者は述べていました。

「参照点」とは移動する基準点のことです。例えば、今あなたが室温20度の部屋に入ったとします。そうすると、あなたはその室温をどう感じるでしょうか?

おそらく、その時々によって違うでしょう。

35度もある猛暑日の日に外から駆け込んでやってきたのならとても涼しく感じるはずですし、雪がちらつく−5度の真冬からやってきたのであれば暖かいと感じるはずです。

このように、ものによってはその基準点は簡単に移動してしまいます。そしてこれはお金に関しても例外ではありません。

上で100万円という金額を取り上げたので、ここでも同じ金額にしましょう。

あなたは「100万円」と聞いて、どのような印象を抱きますか?

おそらくほとんどの人にとっては驚くほどの大金なはずです。

しかし、100万円をあなたがまだ子供の頃にみていたらどうでしょうか?

「これだけあれば欲しいものはなんでも買えるし、一生暮らせる」とまで思ったのではないでしょうか(笑)。この時点でも、お金の参照点は若干移動しています。

それでは、あなたがもしお金持ちになって年収数億円稼ぐようになったらどうでしょうか?

そういう人にとっては100万円くらい1日働けば余裕で稼げます。そのため、それほど価値を感じず、お高いブランドバッグや洋服、または食事などで一瞬で使ってしまう人も多いでしょう。

このように、お金の参照点とは収入が増えるにつれてどんどん上昇してしまいます。100万円の価値は決して変わっていないのにです。

そして、お金持ちになりたいのであれば、この「お金の参照点」を固定させることが大切だと筆者は言います。

もしあなたが、お金持ちの人が必死に節約しているのを見て「お金持ちなんだから、そんなのいいじゃん。ケチだな。」と思ってるのなら少々危険かも知れません。

「お金持ちなんだから」という思考は完全に、「お金の参照点」が動かされています

これがまさしくお金持ちになれない思考なのでしょう。

お金持ちであろうがなかろうが、お金の価値は変わらないはずです。

それなのに、収入が少し増えたからといって、その分支出を増やしてしまっては、お金が増えるわけがありません。

「『お金の参照点』を固定する」。皆様もぜひ参考にしてみてください。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

「お金持ちになる方法」に関する書籍はとても多いですし、当ブログでも結構な数を取り上げてきました。本書をその中でも少し変わった視点から「お金持ちになる方法」を説明していると感じます。

筆者の主張によれば、「会社員こそがお金持ちになれる」そうです。お金持ちを目指すサラリーマンの方に是非おすすめします!

こんな人におすすめ

  • 「お金持ちになる方法を知りたい」という人
  • 「会社員をやりながら収入を増やす方法を知りたい」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です