第207回 鈴木登士彦『究極の体調管理 人生を変えるハイパフォーマンス計画』

鈴木登士彦『究極の体調管理 人生を変えるハイパフォーマンス計画』

皆様、こんにちは。本日は、鈴木登士彦『究極の体調管理 人生を変えるハイパフォーマンス計画』(日本実業出版社)をご紹介したいと思います。

内容紹介

本書『究極の体調管理人生を変えるハイパフォーマンス計画』では、「運動」、「食事」、「呼吸」、「休息」の4項目を通じて肉体のハイパフォーマンス化と、自分が思いえがく人生を過ごしていくためのリエンジニアリングをお伝えいたします。

そのことにより、みなさまが持っているビジネススキルを十二分に発揮することが可能となります

また、目指すべき領域にたどりつくための、かけがえのない、生涯にわたる相棒としての身体を手にいれることができます。

鈴木登士彦『究極の体調管理 人生を変えるハイパフォーマンス計画』

まずこちらをご覧ください。

健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。

これは、WHO(世界保健機関)が「健康」の定義として発表しているものです。

ご覧になってわかる通り、「健康であること」と「病気でないこと」を決してイコールではありません

そこで質問なのですが、この定義に従えば、あなたは健康であると自信を持って言えるでしょうか?

もっと具体的に言えば、「休日は平日より早く目覚めて『今日は何をしよう!』という、ワクワク感いっぱいで朝を迎えているかどうか」が、自分で簡単にできる健康であるかの判断基準だそうです。

残念ながら、この基準で考えると私は「健康」ではなさそうです…(笑)

実際、病気を治すことよりも健康になる方が断然難しいのだと言います。

病気ではないけれども健康でもないという「半健康人」は、日本国民全体のなんとおよそ7割以上も占めているのです。


 

仕事でもプライベートでも充実した生活を送るには「健康」が不可欠です。

「今更なんてことを言うんだ。そんなことはわかっている。」という声が聞こえてきそうです。

しかし、健康がそれほど大切であるということを知りながら、我々のほとんどは健康を向上させるための具体的な行動をとっていないように思えます。

そこで本書では、日常生活の中で少しの意識でできる健康法を紹介しています。

そしてそのキーワードが「運動」、「食事」、「呼吸」、「休息」の4つです。

もしあなたが自信を持って健康だと断言できないのであれば、この4つのいずれかに改善すべきポイントがあるはずです。

これから先、もっと幸せな人生を歩みためにも、きちんと「健康」について学び、それを手に入れましょう!

感想

先にも書いた通り、私は自信を持って「自分は健康だ」と言える状況ではありません。

本書を通して、様々な健康法を学んだのですが、私の場合最も改善すべきポイントは、どうやら「休息」にあるようでした。

私は毎晩寝つきが悪く、良い睡眠を取れている感じがしません。

前々から「どうやったらもっと質の良い睡眠が取れるだろうか」と悩んでいたのですが、本書はその悩みを解決するきっかけになってくれそうです。

安眠のためのルールとして、次のものを紹介していました。

眠りに媚びないで、眠れないときは「眠りが必要ないとき」と考え、読書や瞑想など、自己成長の時間にシフトさせる

私はいつも、「睡眠時間は◯◯時間確保しなければならない」「◯◯時には寝ていなければならない」という理由から、それほど眠いわけでもないのに必死に眠りにつこうとしていました。

「寝なきゃ寝なきゃ」というプレッシャーによって、ますます眠れなくなります。

すると、ついついスマホを見てしまって、さらに眠れなくなる…

という、自分で書いていても、なんとも愚かだと思う状況でした…

本書が提案するのは、「眠れないときは、眠りが必要ないとき」と気持ちを切り替え、「眠りに媚びない」意識改革をすることです。

よく考えれば、人間を含めあらゆる動物は眠らないと死んでしまいます。ということは、放っておけばいつか勝手に眠るということです。

「睡眠時間は◯◯時間確保しなければならない」「◯◯時には寝ていなければならない」という考えも大切なのかもしれませんが、睡眠はもっと本能のままに取るのがいいのだと感じました。

これからは、眠れないときは無理して眠ろうとせず、眠くなるまでの時間を読書や勉強に当てようと思います。

そうすれば、「ぐっすり眠れる」「知識が身につく」の一石二鳥です!!

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

この一冊で、「運動」、「食事」、「呼吸」、「休息」に関する健康法がかなり詳しく学べます。まさに忙しいビジネスパーソンに向けて書かれた本なのだと感じました。

要点を簡潔にまとめ、具体的な健康法を解説しているので、とても分かりやすく実践もしやすいです。ぜひ多くの人におすすめしたい一冊です!

こんな人におすすめ

  • 「健康法について手軽に簡単に学びたい」という人
  • 「どうにか自分の健康を改善させたい」という人
  • 「病気ではないのだが、なんとなくやる気が出ない」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です