第199回 デボラ・ザック『SINGLE TASK 一点集中術 「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる』

スポンサードリンク

デボラ・ザック『SINGLE TASK 一点集中術 「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる』

皆様、こんにちは。本日は、デボラ・ザック『SINGLE TASK 一点集中術 「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる』(ダイヤモンド社)をご紹介したいと思います。

内容紹介

神話▼同時に複数のことをこなさなければ、生活は立ちゆかない。

現実▼日々の仕事をこなしたいのなら、「いまここ」に完全に集中するしかない

デボラ・ザック『SINGLE TASK 一点集中術 「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる』

あなたは、朝目が覚めて、それと同時に大量の「することリスト」を目にして気分が落ち込むことはないだろうか?

1日の終わりに時計に目をやり、「いったい時間はどこに消えてしまったのだろう?」と途方にくれることはないだろうか?

ずっと忙しく働いていたのに、ちっとも達成感がないと思うことは?

本書の主張はいたってシンプルです。

「マルチタスクは幻想だ。生産性を上げたいならシングルタスクによる一点集中術しかない。」

あらゆる脳科学の研究で「脳は一度に1つのことにしか集中できない」ことが裏付けてられています。

それなのに、我々は「マルチタスク」という幻想にいまだに強く取り憑かれているのです。

  • しなければならないことが多すぎて、時間が足りない。
  • 生活がゴチャゴチャ、頭のなかもゴチャゴチャ。
  • 毎日の用事が増えるいっぽう。
  • 「集中力を奪う邪魔者」が嵐のように押し寄せてくる。

これらはいずれも、「マルチタスク」という”現代病”に特有の症状だと筆者は述べています。

「職場の会議中についスマホを見てしまう」「部下が相談に来ているのに、書類から目を離していない」「スマホでメールを打つつもりが、いつの間にかSNSを開いてしまう」などの症状が見られるなら、あなたも「マルチタスク」という現代病を発症しているかもしれません。

本書を読めば、「マルチタスク」がいかに愚かな行為かが理解できます。

そして、本当に生産性を高め、仕事ができる人間になりたいのであれば、シングルタスクを徹底する以外に道はないのだと気づくはずです。

本書の内容は本当に素晴らしいものでした。まだ出版後間もない作品ですが、必ずや人気のビジネス書となることを私は確信しています。

ぜひ多くの人に読んでいただきたい一冊です。

感想

一般に「マルチタスク」と考えられている行為は「タスク・スイッチング」にすぎない。

様々な脳科学の研究で、「脳は一度に1つのことにしか集中できない」ことが証明されていると言います。

それでは、「会議中にスマホを見る」「部下の話を聞きながら、書類を読む」「SNSを見ながら友人の話を聞く」といったような、私たちが日常的に行う”一見マルチタスクに見える行為”とはいったいなんなのでしょうか?

その答えが上に引用した文章。

つまり、複数の作業が同時進行しているように見えるのは、実際には、集中の対象を瞬時に何度も切り替えて、そのように見せているだけだというのです。

この行為が非常に非効率なのは誰の目にも明らかでしょう。

瞬時に切り替えるとは言え、それが積もり積もっていけば、相当な時間を無駄にすることになります。

さらに、そんなにも短時間の間に、集中の対象を何度も切り替えれば、当然集中力が低下していくでしょう。


 

そもそも、我々がマルチタスクをしようとする理由は何なのでしょうか?

それは人によって様々あるでしょうが、結局は「時間が足りないから」というところに収束しそうです。

しかし、本書の内容によれば、この考えは全く見当違いで、「マルチタスクをやっているから時間がなくなる」というのです。

マルチタスクは、集中力を低下させ、その結果として生産性も低下させる。

さらに言えば、マルチタスクは相手への敬意を著しく損なう行為でもあります。

あなたが熱心に話している間、友人がずっとスマホを見ていたらどう感じるでしょうか?

本書を読んで、マルチタスクを続けた先に成功がないことを思い知りました。絶対にこの愚かな行為をやめると誓います。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

「内容紹介」の部分でも書きましたが、大変素晴らしい内容です。先月30日に出版されたばかりで、通販サイトなどを見てもレビューがそれほど多くない状況ですが、自信を持っておすすめできます。

こんな人におすすめ

  • 「毎日、仕事と時間に追われる窮屈な生活だ」という人
  • 「1日の終わりは疲労感でいっぱいだが、達成感がほとんどない」という人
  • 「『することリスト』にタスクが残ったまま1日が終わってしまう」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です