第184回 渡部卓『明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術』

渡部卓『明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術』

皆様、こんにちは。本日は、渡部卓『明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術』(クロスメディア・パブリッシング)をご紹介したいと思います。

内容紹介

いくら能力が高くても、どれほどの地位に就いていても、それだけではプロフェッショナルとは言えない。

本当の意味で仕事ができる人というのは、体調や気分に左右されることなく常に高いパフォーマンスを発揮できる能力を兼ね備えている。

プロフェッショナルとは、いわば「最高の自分」を保ち結果を出し続けられる人のことである。

とはいえ、彼らも人間である。決して「疲れない」わけではない。

違うのは、「明日に疲れを持ち越さない」ための技術を持っているかどうかだ。

渡部卓『明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術』

あなたは日頃から「疲れた」が口癖になっていないでしょうか?

自分が1日に何回「疲れた」と口にしたか、もしくは心の中で思ったかを意識的に数えてみると、それは意外にも多いものです。

筆者は現在、メンタルヘルズ改善のソリューション事業をやりながら、エグゼクティブ・コーチとして活躍されています。

多くの経営者と接する中で気づいたことは、プロのビジネスパーソンは例外なく、疲れやストレスのマネジメントが上手だということです。

日々に激務やプレッシャーに押しつぶされずに結果を出し続けられるのは、彼らが無駄なことは極力やらず、仕事中も上手に休んでいるからだと言います。


 

しばしば日本人はハードワーカーであるとか、勤勉であると言われます。

しかし、「日本人はエネルギッシュである」と言われることはまずありません。

つまり、日本人はメリハリなく長時間働いているだけなのではないか、それで疲れてしまっているのではないか、というのが筆者の見解です。

そもそも「疲れる」こと自体はごく自然なことであり、「疲れない体をつくる」というのは不可能です。

本書のタイトルも「疲れを明日に持ち越さない」となっており、決して「疲れない体をつくる」にはなっていません。

ならばこそ、疲れやストレスをきちんとマネジメントし、仕事には最高のコンディションで取り組めるようにしなければなりません

本書で学ぶのは、そのように疲れとうまく付き合い、ベストコンディションで仕事にのぞめるようになる方法です。

感想

本書の中で特に印象的だったのが、「モチベーションの保ち方」について説明した部分です。

その内容は以下の通りです。

仕事に対するモチベーションには、波があることを理解しておいた方がよいでしょう。

使命感ややる気も常に一定の状態を保てるわけではありません。

理由がないのにモチベーションが下がったり、仕事への熱意が萎んでしまうのは実はよくあることで、そこでめげてしまわずに、今は波の底辺に来ているけれども時間が解決してくれるということを覚えておきましょう。

渡部卓『明日に疲れを持ち越さない プロフェッショナルの仕事術』

これを読んで、たとえ一流のビジネスパーソンであっても「なんとなくやる気が出ない」と感じることがあるのだと知りました。

そしてそうなった時にはどう対処するのかと言えば、モチベーションが高まるのをただ待つのだと言います。

確かにそう言われて見れば、どんなに嫌なことがあっても、人間関係で悩みやストレスを抱えたとしても、それら全て時間とともに忘れてきました。

仕事が何も手につかないようなレベルまで落ち込んだとしても、ちょっとすればまた元どおりに仕事をしています。

「時間が解決してくれる」という姿勢は、ただやる気がないことを正当化するための甘えた姿勢だ、と言われればなかなか否定しにくいものです。

しかし、たたでさえ多くの人が、日々激務やプレッシャーに押しつぶされそうになっているのです。

その上で「モチベーションの高め方」などについて学び、バリバリ働くことを強制されるのも酷なのではないでしょうか。

もっと気楽に「時間が解決してくれるだろう」「そのうちやる気が戻ってくるだろう」という姿勢も大切なのではないかと感じました。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

各項目がとても短く要点だけまとめられているので、非常に読みやすくわかりやすいです。

また、具体的なアドバイスが書かれているので、読んだ後すぐに実践できるという点も良いでしょう。

ただ一点、Amazonのレビューにもある通りなのですが、確かに値段のわりには内容が薄いとは感じます。疲れやストレスのマネジメントについて素早く手軽に学びたいという人にはおすすめです。

こんな人におすすめ

  • 「いつも疲労感が抜けない」という人
  • 「疲れやストレスの対処法を学びたい」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です