第182回 清水久三子『一流の学び方 知識&スキルを最速で身につけ稼ぎにつなげる大人の勉強法』

清水久三子『一流の学び方 知識&スキルを最速で身につけ稼ぎにつなげる大人の勉強法』

皆様、こんにちは。本日は、清水久三子『一流の学び方 知識&スキルを最速で身につけ稼ぎにつなげる大人の勉強法』(東洋経済新報社)をご紹介したいと思います。

内容紹介

なぜ今「学び方」のノウハウをあらためて世に問うのか。

それは、ビジネスパーソンにとって「学ぶこと」が、以前にも増して重要になってきたからです。

21世紀は、学び方や学ぶ姿勢で、ビジネスパーソンのキャリア、そして人生が決まると言っても過言ではありません。

清水久三子『一流の学び方 知識&スキルを最速で身につけ稼ぎにつなげる大人の勉強法』

「学び方でその人のキャリアや人生が決まる」。筆者がそのように主張する理由は2つあります。

まず1つ目は、人生100年時代の到来です。

2016年に刊行された、リンダ グラットン、アンドリュー スコット『LIFE SHIFT』(東洋経済新報社)は発売後ベストセラーになり、各地で反響を巻き起こしました。

その本では、長寿化に伴い人々の「働く期間」は長期化する一方で、人工知能の発達により労働環境はかつてないほど早く変化していくであろうことが述べられています。

そのような時代では「若いときに学んだスキルで食べていく」ということが必然的に不可能になるわけです。

だからこそ、たとえ40歳になっても50歳になっても、時代に合わせて新しい知識を学び続けなければならないのだと筆者は語ります。

もう一つの理由は、学びの格差問題です。

近年は、インターネットやスマートフォンの発達で学びの環境は大きく変化しました。

Kindleなどの電子書籍を利用すれば、わずか数百グラムの端末に数千冊の本を保存することも可能です。

また、今や大学に通わずとも、動画サイトを利用して最先端のビジネススキルやMBAの講義を受講できます。

しかし、こうした変化はすべてのビジネスパーソンに恩恵を与えるわけではありません

つまり、学ぶ意欲があるものは知識やスキルを飛躍的に高める一方で、学ばない者との差がこれまで以上に決定的に広がっていく時代なのです。


 

これらを考慮すると、そう遠くない将来に「学ぶ者だけが生き残れる時代」がどうやらやってくるようです。

しかしそうは言われずとも、今でもあなたは学びの大切さを十分に理解しているのではないでしょうか?

仕事のパフォーマンスを上げるために、英語やプログラミング、簿記、マーケティング、ロジカルシンキングなどを学んだという人は多いはずです。

どうやら我々にとっての問題は、学びの大切さを理解しておらず学ぶ気がないということよりも、学んだことを仕事に役立てられないということのようです。

ビジネスパーソンにとっての学びは「成果」が第一です。

本書を通して、きちんと価値や成果を生み出す「学び方」を学びます。

感想

個人的には本書を読む前から、学びの大切さは十分に理解していたつもりです。

しかし、本書を読んで感じたことは、学びに対する意識を大きく変えなければならないということです。

筆者は、学びには「アダルトラーニング」「チャイルドエデュケーション」という2つの種類があるのだと説明しています。

日本語に訳せば、それぞれ「大人の学び」と「子供の教育」ですが、ビジネスパーソンに必要なのは当然前者です。

この2つの学習では、まず目的が大きく異なります

言うまでもなく学生の本分は学ぶことです。つまり、「チャイルドエデュケーション」においては学ぶことそれ自体が目的になります。

一方、ビジネスパーソンにとって学びは目的ではなく、あくまで手段です。

「もっと稼ぐ」「なりたい自分になる」といった目的は別に存在します。


 

このビジネスパーソンによっての学びを目的化させないということは非常に重要だと感じました。

そもそも、「勉強しよう」といちいち身構えなければ学ばないようなことは、基本的にやりたくない勉強なのではないでしょうか。

本当に欲しいものは、勉強それ自体ではなく、それによって得られる知識やスキルといった成果なはずです。

だとすれば、本来の目的を忘れ、やりたくもない勉強が目的化すると、当然やる気はなくなり挫折します

ビジネスパーソンの学びにおいては、本来の目的、多くの場合「稼ぎにつながるか」ということをもっと意識していもいいのではないかと本書を読んで感じました。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

「これからの時代は◯◯が大切になる」と言われ、流行りに乗るように何かを学ぼうとした経験が誰にでもあるのではないでしょうか?

しかし、結局は仕事の役に立たなかったり、途中で勉強に挫折してしまうことがほとんどです。

本書をそのような人に向けて、「ビジネスパーソンが成果を出すには?」という視点で学習法が紹介されています。大変素晴らしい内容です。多くの人におすすめしたいと感じました。

こんな人におすすめ

  • 「忙しくても結果を出せる勉強法を知りたい」という人
  • 「学びを仕事に役立てたい」という人
  • 「挫折することなく学びを続けたい」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です