第158回 松林弘治『プログラミングは最強のビジネススキルである』

松林弘治『プログラミングは最強のビジネススキルである』

皆様、こんにちは。本日は、松林弘治『プログラミングは最強のビジネススキルである』(KADOKAWA)をご紹介したいと思います。

内容紹介

すべての仕事にプログラマーが必要になる。だとすると、どの仕事に就くとしてもプログラミングに関わる部分を任されるようになることが、この不確実な現代で職を失わないための最も有効な方法論である。

それはたとえ自分がプログラマーをやらないのだとしても変わらない。

松林弘治『プログラミングは最強のビジネススキルである』

近年、コンピュータやインターネットの発達で「プログラミング」というスキルがかつてないほどに注目を集め、重要度を増しています。

実際に、「プログラミングはこれらからの人間にとって絶対に学ばなければならない知識である」と主張する人も多く、筆者はそのうちのひとりでした。

なんと2020年からは小学校でプログラミングが必修化されることがすでに決定しているようなのです。

しかし、プログラミングがそれほどの重要だと言われても、あまり実感が湧かないかもしれません。

私にはプログラミングのスキルがほとんどありませんが、パソコンやインターネットは人並みかそれ以上には使えます。プログラミングができなくても、現代のテクノロジーは十分に使いこなせているのです。

それでは、なぜプログラミングを学ぶ必要があるのか?

その理由を筆者は以下のように説明していました。

まず、「プログラマーは仕事に困らない」ということです。

最近では、「IoT」という言葉が注目を集めるようになりました。「モノのインターネット」を表す言葉で、現代はあらゆるモノがインターネットに繋がれる時代だというのです。

そうなれば、コンピュータやインターネットの業界に限らず、あらゆる分野でプログラミングの技術が求められるようになります。

事実、今は世界的にもプログラマーが不足しており、その給与水準は年々高騰しているというのです。

終身雇用や年功賃金性という日本独自の雇用慣行が崩れ始め、多くの人が仕事に対して漠然とした不安を抱える今、プログラミングの技術を学ぶことは最も有効な戦略だと筆者は語ります。


 

さらに、たとえ非エンジニアであってもプログラミングを学ばなければならないと言います。

先に述べた通り、今はあらゆる分野でプログラミングの技術が求められる時代です。そうだとすると、どんな仕事であっても、なんらかの形でプログラマーとともに働く機会が増えるということです。

プログラマーはプログラミングにおいては一流の才能を持っていますが、その他の企画やデザイン、経営、営業などのスキルは全くないという人も多いようです。

現代のプロジェクトが大型化している傾向も相まって、エンジニアと非エンジニアの分業体制は必須になっています。

そうなると、非エンジニアの人も、プログラマーには何ができるのか、またできないのか、どのくらいの時間・費用がかかるのかを知っておくことが、プロジェクトを円滑に進めるためにも必要です。

いずれにせよ、これからの時代を生きていく我々にはプログラミングのスキルを学ぶことは必須のようです。

本書を通して、そもそもプログラミングとは何なのか、何ができるのかといった基礎的なことを学び、実際にプログラミングを体験します。

感想

上にも書いた通り、筆者は、非エンジニアにもプログラミングの知識は必要であると述べていたのですが、確かにその通りだと感じます。

「わざわざ自分の不得意なことを苦労して克服する必要はない。今はクラウドソーシングも発達しているのだから、困ったら外注すれば良いだろう。」

という意見はもっともな意見なのですが、それでも最低限プログラミングの知識は学ぶ必要があると感じました。

例えば、何か新しい事業を始めようと思い、ウェプページの制作を外注したとします。

ウェプページ制作についての知識がなければ、どの程度の時間で完成するのかというおおよその目安を立てることすらできません

また、自分が要求していることが難しいことなのか簡単なことなのかも理解できなければ、どの程度の料金がふさわしいのかも分からないのです。

極端な話ですが、ちょっと勉強すれば、自分一人でかつ無料でできた作業も、知識がないばかりに法外な値段を取られてしまうこともあるわけです。

「プログラミング」という言葉はなんだかハイテクな響きがするので、通常考えられない高値を請求されても、「相場はそうなもんなのか」と思ってしまいそうです。

今の時代を賢く生きるためにも、プログラミングの知識は最低限あったほうが良いのかもしれませんね。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

プログラミングについて全くの初心者を対象に、非常にわかりやすい説明がなされていると感じました。私自身、プログラミングに関する知識はほとんどありませんでしたが、本書を読み終えて、プログラミングとは何か、何ができるのかなどに関する大雑把な理解が得られました。

こんな人におすすめ

  • 「プログラミングに興味はあるが、全く知識がない」という人
  • 「これからプログラミングを勉強したい」という人
  • 「教養として、コンピュータの仕組みやプログラミングについて最低限の知識をつけたい」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です