第157回 芝本秀徳『誰も教えてくれない 考えるスキル』

芝本秀徳『誰も教えてくれない 考えるスキル』

皆様、こんにちは。本日は、芝本秀徳『誰も教えてくれない 考えるスキル』(日経BP社)をご紹介したいと思います。

内容紹介

考えないと仕事になりません。これはみなさんも同じだと思います。今の時代、考えないで仕事をすることは、ほぼないと言っていいでしょう。

考えないと仕事にならない。それなのに考える方法はなかなか教えてもらえません。上司が、「今日は考える方法について教えてあげよう」といったことは、まぁ、ないわけです。

芝本秀徳『誰も教えてくれない 考えるスキル』

最近、「ロジカルシンキング」や「仮説思考」、「システム思考」といった思考法に関する書籍がビジネスパーソンの間で何かと人気です。

人気になるということは、多くのビジネスパーソンが「考える」という行為に対してそれなりの重要性を感じているということですが、そもそもなぜビジネスにおいて「考える」という行為がそこまで重要なのでしょうか?

筆者は、その理由をおよそ次のように説明しています。

まず、ビジネスには目に見える世界と目に見えない世界が存在します。もっと言えば、具体的な世界と抽象的な世界があるのです。

そして、ビジネスにおいて大切なことは、大抵目に見えないものだと筆者は語ります。

「管理」「価値」「プロジェクト」「分析」「戦略」「マーケティング」などなど。

いずれもビジネスにおいては重要ですし、ビジネスの現場では頻繁に使われている言葉ですが、確かに目で見ることはできません。

つまり、ビジネスにおいて重要なものの多くは、「存在するけどカタチがない」という非常に抽象的な存在です。

そして、カタチのないものを取り扱うこと、それこそが「考える」という行為であると筆者は述べていました。


 

カタチのないものを取り扱う能力、それを筆者は「コンセプチュアルスキル」と呼んでいました。

「コンセプチュアルスキル」とは、「なんとなく思っていること、なんとなく感じていることを言語化する。そうすることで、カタチのないものを、さもカタチがあるように取り扱うことができる、手応えを感じながら取り扱うことができるスキル」のことです。

そして、現代はこの「コンセプチュアルスキル」がかつてないほどに求められる時代だと言います。

単純作業のような具体的な作業は、安価な労働力の得られる海外工場に拠点を移され、さらには、機械によって代替されるようにもなりました。

日本には、研究・開発や企画といった抽象的な作業ばかりが残されたのです。

またグローバル化やアウトソーシングの増加で、異なる背景や知識を持つ人々と仕事をする機会も増えました。

社内の人間であれば、「あれ」「それ」「これ」で通じた抽象的な内容も、きちんと言語化しなくてはならない場面が増えたということです。

理由は様々あれ、どうやら我々は抽象的な概念をきちんと言語化できる能力を身につけなければいけないようです。

本書を通して、その「コンセプチュアルスキル」の基礎を学びます。

感想

上で「コンセプチュアルスキル」とは「なんとなくを言語化する能力」であると説明しました。

本書を読んで感じたことは、自分にはこのコンセプチュアルスキルがほとんど備わっていないということです。

例えば、「管理」「価値」「プロジェクト」「分析」「戦略」「マーケティング」、これらの言葉をどのように定義しているか?と聞かれてもすぐには答えることはできません。

”すぐには”というと、「時間をかければ答えられる」というニュアンスが含まれますが、おそらく時間をかけても答えられません…

つまり、これらの言葉はビジネスにおいて大切なはずなのに、きちんと意味も理解しないまま、「なんとなく」使ってしまっているということです。


 

この「なんとなく」使っているという状況にならないためにも、抽象的な言葉に対し、「辞書的ではなく、自分の定義を持つ」ことが重要だと筆者は述べていました。

私は当ブログを通して学んだのですが、「自分の定義を持つ」「自分の言葉で語る」ということほど難しいものはありません

自分なりに考え、適切な言葉で表現するという深い思考が必要になるからです。

皆様は、特に抽象的な概念に対して自分の定義をもち、自分の言葉で語るということができているでしょうか?

先にも申し上げた通り、私はまだまだできていません。

自分なりに考え、自分の言葉で語るという能力をぜひ見につけたいものだと感じました。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

昨今話題のロジカルシンキングや仮説思考、システム思考などとはまた違った視点で「考える」という行為について学ぶことができました。

図表や具体例を適切に用いており、大変分かりやすい内容になっています。ぜひ多くのビジネスパーソンにおすすめしたいです。

こんな人におすすめ

  • 「思考法について学びたい」という人
  • 「様々な流行りの思考法を学んだが、なかなか成果を実感できない」という人

人気ブログランキングに参加中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です