第118回 竹内正『コーヒーとサンドイッチの法則 「利益を獲得する」ための6つの戦略』

竹内正『コーヒーとサンドイッチの法則 「利益を獲得する」ための6つの戦略』

皆様、こんにちは。本日は、竹内正『コーヒーとサンドイッチの法則 「利益を獲得する」ための6つの戦略』(東洋経済新報者)をご紹介したいと思います。

内容紹介

 本書では、忙しい毎日を送りつつも、もっとビジネスを成長させたいと望む経営者や、大きな利益を生み出すことに強い関心のある向上心の強いビジネスパーソンが、スムーズにビジネスの真の姿を見通すことができるようになる上で重要な「利益のポイント」を紹介していく。

本書をよも位終えることで、あなたはこれらのポイントを理解し、大まかに真の姿を見通すことができるようになる。そして、そこから得た情報を自社に応用することで、少ない仕事量で効率的に大きな利益を生み出せるようになれば、幸いである。

竹内正『コーヒーとサンドイッチの法則 「利益を獲得する」ための6つの戦略』

「毎日懸命に働くも、なかなか利益があがらない」「自社の利益をもっと効率的に増やしたい」。皆様の中に、このような悩みを抱えている方はいないでしょうか?

あらゆるビジネスには誰もが知っている表面的な姿と、知識がなければ見通すことのできない真の姿があると筆者は語ります。

そして、ビジネスで効率的に利益を上げようと思うなら、利益のポイントである真の姿を見通すことが必要なのです。

例えば、スターバックスコーヒーという企業は、コーヒー、ラテ、フラペチーノといった飲料を販売するのが表面的な姿です。この姿は誰しもが知っています。

スターバックスの売上の主力が飲料であることは間違いないのですが、それは売上全体のおよそ72%ほどだそうです。

つまり、利益を最大化するために、残りの30%近い利益をサンドイッチやドーナツといったフード類、タンブラーやエスプレッソマシンなどのコーヒー関連商品からあげているということです。

こうしてみると、飲料を販売する表面的な姿とは別に、フード類やコーヒー関連商品の販売を行う姿が見えてきます。

このように、企業の経営システムをあらゆる面から観察することで、ビジネスの真の姿が見えてくると筆者は述べています。

本書を通して、ビジネスの真の姿を見通す力を養い、ひいては自社の利益を最大化させるノウハウを学びます。

感想

本書の第3章で、「なぜ製品グレードを用意するのか?」という疑問に言及した部分がありました。個人的にはこの内容が面白かったので少し紹介します。

現在、あらゆる企業があらゆる製品にグレードを用意しています。国内自動車メーカーは各社同じ車に対して複数のグレードを用意しています。また、国外の企業を見ても、Appleなどは巧みな製品グレードの設定がなされていることで有名です。

多くの企業が製品グレードを設定する理由はいたって単純で、そうした方が儲かるからです。

基本的に同一製品であれば、製品グレードが高い方が利益率が高く、企業にとっては都合がいいとされています。

製品の価格というのは、もちろん原材料の価格も重要な要素になっているのですが、それと同程度かそれ以上に、人件費や工場や店舗の地代などが重要な決定要因になっているそうです。

より高いグレードの製品を作るとなるともちろんそれに応じて原材料費は高くなりますが、店舗の家賃や、販売員の仕事量などは基本的に変わりません。

よって、コストの増加よりも販売価格の増加の方が大きくなるため、より高いグレードの製品はより多い利益を生むとされています。

また、消費者の心理としても、下位のグレード選びにくいようです。

一般には「両極回避」と呼ばれる現象によって、高くもなく安くもない中程度のグレードを最も選びやすい傾向があります。それによって、利益率の一番低い下位グレードを選ばせないというのも、企業側の戦略のようです。

この下位グレードを選びたがらないという心理を個人的によく分かります。何の製品を選ぶにしても、「もうちょっと出せば、もう少しいいものが買える」という気持ちで、どんどん値段が釣り上がっていってしまうはしばしばです…

 

どうやら「企業側に多くの利益を与えない」という目的で消費活動を行うのであれば、何を買うにしてもグレードは最低にすると得できるようです(笑)

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

「ビジネスで利益をあげるにどうすれば良いか?」ということを常に意識したような内容でした。その意味では、経営者の立場にある人が、どのようなことを考えているかを垣間見ることができましたし、何となく経営者目線になることもできました。

普段こうした書籍はあまり読まないので、非常に参考になった上、刺激にもなりました。多くの人におすすめできる内容です。

こんな人におすすめ

  • 「将来的に経営者になりたい」と考えている人
  • 「経営者として日々利益の最大化を目指している」という人
  • 「ビジネスの仕組みを簡単に学びたい」という人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です