第76回 クリス・ギレボー『1万円起業』

クリス・ギレボー『1万円起業』

皆様、こんにちは。本日は、クリス・ギレボー著、本田直之訳『1万円起業』(飛鳥新社)をご紹介したいと思います。

内容紹介

「最初に断言しておきます。この本に書いてある方法を知っておかなければ、あなたはとてつもない損をします。」

クリス・ギレボー『1万円起業』「監訳者のことば」より

本書の冒頭で、訳者の本田直之氏はいきなりこのように宣言します。

「起業」と聞くとあなたはどのような印象を受けるでしょうか?

会社勤めをしながらコツコツと資金を貯め、仕事の合間を縫って勉強に励む。そして、ついに準備も整ったと思えるところで一念発起して会社を辞め、決死の覚悟でビジネスの世界に飛び込む。

多くの人はこのようなイメージをお持ちかと思いますが、本書では、このようなやり方はもはやナンセンスであると真っ向から否定します。

筆者は一貫して「貯金もいらない、会社を辞める必要もない」と主張します。

なんでも、あらゆるテクノロジーの発展により、誰でもビジナスを起こせる時代になったというのです。さらに、小さなビジネスこそが勝てる時代であるとも述べています。

毎日定時に出勤して、与えられた仕事をただただ消化する。夕方になると毎日数時間残業をして、適当に一杯やって1日を終える。

かつてはこのような生活が普通とされていたのでしょうが、最近では「そんな無機質で味気ない生活はもういやだ!自分の好きなことを仕事にしたい!」という人は確実に増えています。フリーランスや個人事業主としての働き方を説明した書籍やサイトが増えていることからもそれは分かるでしょう。

そのような方にぜひ本書をおすすめしたいです。

自分の好きなこと・得意なことを少しの工夫でビジネスに転化させ、普通のサラリーマンよりもずっと多い収入を稼ぎ出した人々の例がたくさん載せられています。

それらの成功例に共通する、小規模な起業を成功に導いてきた法則を学びます。

感想

事業を立ち上げるためにひつようなものは、以下のたった3つだけだと述べられていました。

  1. 製品またはサービス=あなたが売るもの
  2. 代金を払ってくれる人々=顧客
  3. 支払いを受ける手段=製品またはサービスとお金を引き換える方法

クリス・ギレボー『1万円起業』「第1章 自分を再発見しよう」より

このなかで私が注目したのは「顧客」です。自分の好きこと・得意なことを少しの工夫でビジネスに転化できるとあるのですが、もちろんある程度の顧客は必要です。

やはり需要がなければビジネスは成り立たないでしょう。

しかし、逆に言えば、顧客さえいれば事業を順調に成長していくとも述べられています。

そういえば、以前に「販売」と「マーケティング」の違いというものを耳にしたことがありました。一見ほぼ同じようなないように見えますが。これら2つの語は決定的に違うそうです。

「販売」とは「”我々”は何を売りたいのか」「”我々”の製品やサービスにできることは何か」と考えることです。

一方で、「マーケティング」とは「”顧客”は何を買いたいか」「”顧客”が価値ありとし、必要とし、求めている満足は何か」を考えることです。

お分かりかと思いますが、どこに主眼を置くかが全く違います。

「販売」は”我々が”、”我々に製品・サービスが”といったように出発点が自分にあります。この場合だと、顧客が欲しくない商品を無理やりに売り込むセールスを行うことになってしまいます。

一方で、”顧客が”のように出発点が顧客にある「マーケティング」では、過度な宣伝や営業を行わなくても必ず製品・サービスは売れるというのです。

Appleから新型のiPhoneが出れば何日も前から並んで買おうとするはずです。

こうして考えると、ビジネスというのはやはり「顧客が何を求めているのか?」を考えることが先決なのだと感じました。

私は、企業や経営に特別な知識があるわけではないのですが、素人の私からみて感じたのは「顧客の需要を的確に捉えることの重要性」です。

「近い将来、自分で企業してみたい!」という方にはぜひおすすめの本です。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

企業や経営に関する知識がほぼないためか、非常に新鮮な気分で読むことができました。実際に、スモールビジネスを成功させた多くの例を見て、今までの「起業」に対するイメージは大きく変わりました。「自分でもできるかもしれない」とは言わないまでも、天才的な才能や、高い学歴がなくても成功できることを知れたのはあらなた発見です。

 

こんな人におすすめ

  • 「起業に興味がある!」という人
  • 「近い将来、起業をしてみたい!」という人
  • 「少ない資金・時間で起業する方法を知りたい」という人

人気ブログランキングに参加中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です