【感想】Amazon Kindle Unlimited の使用感

皆様、こんにちは。本ブログを始めて以来、Amazon Kindle Unlimited を利用する機会が増えました。振り返ると、すでに3ヶ月ほど利用してきましたので、本日はその使用感を述べたいと思います。

 

Kindle Unlimitedとは

まず、Kindle Unlimitedをご存知でない方のために概要を説明します。

そもそも、Kindleとは通販サイトAmazonが提供する電子書籍関連サービスのことです。同社が提供する電子書籍用の端末のことを指すこともあり、少々ややこしいです。

そのため、専用端末がなければ電子書籍を読むことができないと思われがちですが、実際には、お手持ちのスマートフォンやタブレット端末の多くで電子書籍を読むことは可能です。

 

簡単にKindleの説明をしたところで、本題のKindle Unlimitedに話を戻します。

Kindle Unlimitedとは、月額¥980で、豊富な本、コミック、雑誌および洋書を読み放題で楽しむことのできるサービスです。

もちろん、お手持ちのスマートフォンやタブレット、PCで無料アプリをダウンロードしKindle Unlimitedの書籍を読むことができます

 

実際の使用感

ここからは、実際にKindle Unlimitedを使ってみて感じたことを述べていきます。

 

1. 読み放題対象の書籍が少なすぎる!

多くの人がまず感じるのはこれでしょう。特に和書を少ないです。

また、人気であったり、話題の新作が読み放題の対象になることはほぼありません。

つまり、「月980円で好きな本が読み放題だ!これで本屋さんに行かなくて済むし、本代も大幅に節約できる!」と考えている人は要注意です。

2. 一度にダウンロードできる本は10冊まで

自分のブックリストに保存できるのは10冊までです。

それ以上ダウンロードしようとすると、代わりに10冊のうちのどれかの利用を停止しなければなりません。

これに関しては、不便を感じることも多少ありますが、「一ヶ月に10冊までしか読めない」という意味では決してありませんし、一度に保管できる本が10冊もあれば十分なこと、ダウンロードし直すことも容易であるなどの観点からそれほど問題ではありません。

 

3. ジャンルによってはありえないほど得をする!

私は個人的に、株式投資に興味を持っており、それに関する書籍を読むことも多いのですが、投資関連の品揃えが驚くほど豊富です!

いくつか例を挙げていきます。

プライスアクションとローソク足の法則』

悩めるトレーダーのためのメンタルコーチ術』

・『トレードの教典』

などです。いずれも4000円以上の比較的高価な書籍です。

これら3冊だけでもおよそ12000円ですから、これだけで1年間分の元がとれてしまいます

 

4. 読み放題対象の書籍が入れ替わる

Kindle Unlimitedで利用可能な書籍は定期的に入れ替わっています。

以前までは読み放題対象であった商品が、今見てみると対象から外れているということは意外にもあります。

気になる本は早めにダウンロードしておくほうがよさそうです。

 

まとめ

まとめますと、個人的には非常に満足しているKindle Unlimitedですが、利用するメリットを感じるかどうかは個人によって大きく変わるということです。

上でも述べたように、私の場合は投資関連の書籍でだいぶ得をしています。

しかし、一般書に関しては、読みたいものが月に1冊読み放題の対象になっていればいいほうです。そう考えると、一般書だけに関して言えば、元をとれているか、得できているかというのは微妙なところです。

しかし、読み放題であることを活かし、普段では読まないような書籍に出会えることも事実です。その上、電子書籍であるため場所もとらないというのが最も大きな利点でしょう。

繰り返しますが、メリットを感じるかどうかは読書のジャンルや量によって大きく変わります

30日間の無料体験も行っているそうなので、一度試してみるのもよさそうですね!

 

おまけ:本ブログで紹介した本でKindle Unlimitedを利用したもの

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です