第55回 山口直樹『会話が楽しくなる!「雑談のトリセツ」』

山口直樹『会話が楽しくなる!「雑談のトリセツ」』

皆様、こんにちは。本日は、山口直樹『会話が楽しくなる!「雑談のトリセツ」』(友栄出版)をご紹介したいと思います。

内容紹介

皆様は雑談が上手くできない不自由を感じたことがありますか?

「話のネタが思いつかない」「なんと返答するべきか悩む」「いまひとつ相手との距離をつめられない」などなど。日頃何気なく行っている雑談でも、意外と不自由を感じるものです。

雑談が上手にできない理由は、雑談を盛り上げるコツを知らない、またはそのコツを実践していないためだと筆者は主張します。

ゴルフが上手くなりたければ、本やサイト、動画などで技術を知り、その後は練習場で実践するのが当たり前です。ところが、こと雑談となると、その技術を知ろうともしませんし、まして練習などしようとも思いません。

雑談が上手くなるとは、そのまま人付き合いが上手くなることを意味するといっても良いでしょう。人間関係が上手くいけば、多くの場合、人生はより充実したものになるはずです。

本書では、その雑談のコツが学べます。必要十分な量だけをコンパクトにまとめているため、あっという間に読み終わり、すぐに実践できる内容です。

 

感想

本書を読んでまず思ったことは、意外にも「聞き手」としてのテクニックが多いということです。

「雑談のコツ」と聞くと、「どうすればおもしろい内容を”話せるか”?」という内容をイメージしがちです。

しかし、よくよく考えれば、コミュニケーションとは話し手と聞き手の両方がいて成立するものです。両者が話し続けたり、聞き続けたりしたのでは会話になりません。

そこで、本書ではまず、「むやみに質問しない」「良い相槌と悪い相槌」「オウム返しも有効」など、聞き手としての技術が紹介されていました。コミュニケーションにおいては、「聞く」ことは「話す」ことと同じくらい、またはそれ以上に重要であるということでしょうか。

 

最近では、「コミュ力」「コミュ障」といった言葉が若い世代を中心によく使われます。それぞれ「コミュニケーション能力」「コミュニケーション障害」の略です。

「あの人はコミュ力がある」「私コミュ障なんで…」という発言をするときは専ら「話す」能力だけをコミュニケーション能力ととらえがちではないでしょうか?

 

「あの人はコミュ力がある」という発言を聞いて、「そうか、あの人は相手の話をよく聞いて、適切な質問ができるのか」という認識をする人はまずいないでしょう。

同様に、「私コミュ障なんで…」という発言を聞いて、「そうか、この人は相手の話をよく聞けず、うまく質問をしたり、適切に相槌を打ったりできないのか」とも考えないはずです。

 

他人と比べて優れたユーモアのセンスを持つ人はやはり一定数いるものです。そういった人たちに負けじとおもしろい話をしようとしても、ほとんどの場合あまりうまくいかないのではないでしょうか?

そういうときは、無理に話し手にまわる必要もないのだと本書を読んで理解しました。それよりも、熱心な聞き手にまわることこそ、優れた雑談力、コミュニケーション能力なのです。

 

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

冒頭でも書きましたが、雑談のコツを必要十分な量だけコンパクトにまとめています。余計な話は一切省かれており、テクニックの紹介と具体例だけを示しており、大変わかりやすいです。

しかし、注意するべきなのが、本書はあくまで雑談の技術を「知る」本です。これも冒頭で書きましたが、技術を知った後は、練習を繰り返さなければなりません。「本を読むだけで…」と考えている方は要注意です。

こんな人におすすめ

  • 「雑談」が苦手だという人
  • 会話を続けられるようになりたいという人
  • 上手な質問ができるようになりたいという人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です