第52回 ウォレス・ワトルズ『富を「引き寄せる」科学的法則』

ウォレス・ワトルズ『富を「引き寄せる」科学的法則』

皆様、こんにちは、本日は、ウォレス・ワトルズ『富を「引き寄せる」科学的法則』(角川文庫)をご紹介したいと思います。

内容紹介

「私たちにはお金持ちになる権利がある」

筆者のウォレス・ワトルズはそう主張します。植物が1つの種子から芽を出し、花を咲かせ、数百の新たな種子を作っていくように、すべての命の目的は進歩することです。

人間にとっての進歩とは、人生をより豊かに、より充実したものにすることです。その目的のために必要なものなら何でも、無制限に使うことができると筆者は主張します。つまり、我々は、思い通りの生活をするために、欲しいものはなんでも手に入れられる権利を有することになります。それはそのまま、お金持ちになる権利があるということです。

そこで、お金持ちになるための「確実な方法」を学ぶべきだと述べています。タイトルにもある通りそれは、科学的法則とも言えるものです。同じ原因からは必ず同じ結果が生まれ、客観的で絶対的な法則です。

さらに、その「確実な法則」を学ぶためには、本書を読むだけで良いと再三強調しています。”法則”とは算数や数学の世界でいう、たし算やひき算、かけ算、わり算のようなものです。これらは一度やり方を学べば、あとは実践を繰り返すだけです。四則計算の仕方について何冊も教科書や参考書を読む人はいないでしょう。

 

本書はいわゆる「引き寄せの法則」について書かれたものです。この類の書籍だと、ロンダ・バーンの「ザ・シークレット」が有名ですが、彼女は本書を読んでインスピレーションを得たそうです。100年以上も読み継がれている「引き寄せの法則」の名著です。

 

感想

本文中に次のような内容がありました。

欲しいものを心の中にはっきりとイメージしなさい。そうすれば、あなたの想像的な思考が神(形のない物質)に伝えられます。

ウォレス・ワトルズ『富を「引き寄せる」科学的法則』

「引き寄せの法則」でよく言われることです。

心のなかで欲しいものをイメージし、それを手にすることを強く願っていると、引き寄せられるように自分の手に入ってくる

 

私は「引き寄せの法則」についてそれほど多くを知っているわけではありません。そのため、やはり1つの疑問が浮かんでしまうのです。

「これって本当なの?」

おそらく皆様の多くも同じ疑問が浮かぶのではないでしょうか?

「欲しいと願っているだけで手に入るなんて…」と思っているはずです。

 

その疑問は正しい考え方です。というのも、筆者のウォレス・ワトルズも「願っているだけで何でも手に入る」とは述べていません

思考によって、望んだものがもたらされます。そして、それを受け取るためには、行動が必要です。

ウォレス・ワトルズ『富を「引き寄せる」科学的法則』

たしかに、欲しいものを”引き寄せる”のは「思考」ですが、それを実際に”受け取る”には「行動」が必要だと述べています。

自分が相手から何かを受け取るということは、自分もそれと同等の何かを相手に与えなければなりません

そのために必要なのが、「今」行動することだと筆者は述べています。

筆者次のような印象的な言葉を残していました。

先へ進めるための唯一の条件は、あなたが今いる場所より大きくなることです。その場所でやるべきことをやり残していては、その場所より大きくなることはできません。

ウォレス・ワトルズ『富を「引き寄せる」科学的法則』

個人的にですが、本書のなかでもっとも印象的な言葉です。

先に述べましたが、相手から何かを受け取るには、自分もそれと同等の何かを与えなければなりません。また、「欲しい」と願うということは「今」はそれを手にしていないということになります。つまり、今いる場所入りも先の進んだところでそれを手に入れるはずです。

「これが欲しいんだけど、今やるべきことをちゃんとやってないから、それに見合った見返りは持ってない。でも、欲しいんだ。」

という主張がどれほど不合理かは明確でしょう。

 

「引き寄せの法則」というと、「強く念じていれば望み通りになる」といったイメージを持たれがちです。しかし、実際はそうではないようです。

自分が欲するものを”引き寄せる”だけでなく、それに見合った見返りをきちんと用意して、”受け取る”ということを意識すべきだと感じました。

 

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

言われなければ、100年以上前に書かれたとは分からないほどに、その内容は色褪せず現代にも応用できると感じました。しかし、やはりこれほどの名著ともなると、一種の”古典”のようなもので、一度読んだだけではその全てを理解することができません。何度も繰り返し読むごとに新しい発見をしていく、そういった本だと感じました。

こんな人におすすめ

  • 「お金持ちになりたい!」という人
  • 「引き寄せの法則」について学びたいという人

人気ブログランキングに参加中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です