第32回 水野敬也『夢をかなえるゾウ2』

水野敬也『夢をかなえるゾウ2』

皆様、こんにちは。本日は、水野敬也『夢をかなえるゾウ2』(飛鳥新社)をご紹介したいと思います。

感想

先日、第30回 水野敬也『夢をかなえるゾウ』でご紹介した、「夢をかなえるゾウ」シリーズの第2弾です。内容としては自己啓発本ですが、第1弾同様に、独特のユーモアと読みやすさは健在です。

第1弾が人生全体に当てはまる成功哲学を語るものであったのに対し、第2弾はより具体的に、生きでいく上で避けられない”お金”の話となっています。

「お金=幸せではない!」や「お金よりも大切なものがある!」という主張はよく聞きます。私もこれに関しはまさにその通りだと感じています。しかし、それが「お金を持っていなくていい」という主張には結びつきません。その「お金よりも大切なもの」のためならお金”なんて”いくらでも差し出せるようにしなければならないと考えています。

それでは、そのお金はどうやって手に入れればよいのでしょうか?本書には、「お金を稼ぐ」という行為に対する考え方を大きく変えてくれる部分があったのでご紹介します。

お金は「嫌な」作業をするともらえるものじゃなくて、「楽しい」ことをするともらえるもの。もらえるお金の量はあらかじめ決まっているのではなくて、お客さんを喜ばせた分だけもらえるもの

皆様は、「お使いに行ってくれたらお駄賃をあげる」や「宿題をしたらお小遣いをあげる」などと言われた経験がありますか?

それこそが「貧乏」の始まりだと、本書では述べています。

そういう形でお金をもらってしまうと、「お金」=「嫌な作業をするともらえるもの」という考えを持つようになります。しかも作業をする前からもらえる金額が決まっているので「いかに楽して作業をおわらせるか」ということばかり考える人になるでしょう。こうして子どもの頃からもらった「お駄賃」が、アルバイトの「時給」になり、会社の「給料」になります。

私はまだ学生なので、会社で働いて「給料」をもらっている身分ではありません。アルバイトはしているのですが、それをしている間はこの言葉が示す通りの行動をとっている気がします。つまり、「いかに楽して作業をおわらせるか」ということばかり考えています。普通、自分がどれだけ頑張っても、もらえるお金が増えない以上はあえて苦労を取ろうとは思わないはずです。

しかし、この考えこそが「貧乏」の始まりなのだそうです。そう言われると、自分は貧乏になると指摘されているかのようで少し不安になります…

お金は「お客さんを喜ばせた分だけもらえるもの」であるという言葉を見たときハッとさせられました。そのような考え全く持っていなかったからです。また、いつもと言っても過言ではないほど「お金が欲しい」と思っているのに、「いかに楽して作業をおわらせるか」などという貧相な考えをしている自分に気づいたからです。

世の中の「お金持ち」と言われる人を見ると、たしかに「他人を喜ばせる」という能力に長けている人が多い気がします。各企業の社長などがまさにその例でしょうか。会社が成長してこそ社長も給料制になるのかもしれませんが、少なくとも創業当初は、お客様に買って貰えば貰うほど収入が増えたはずです。それはつまり、お客様を喜ばせた分だけ収入になるという、まさに「お金持ち」になれる人の考え方なのではないでしょうか?

世界の長者番付に毎年名を連ねる人物にビル・ゲイツがいます。ご存知の通り、彼はあのマイクロソフト社の創業者です。彼がなぜそれほどまでにお金を持っているかと考えてみると、「あの偉大なマイクロソフトの偉い人だから。」という答えになるでしょうか。しかし、さらに問いを進めて、「なぜマイクロソフトは偉大なのか?」を考えてみると、「Windowsを筆頭とする各種ソフトウェアでお客を喜ばせてきたから。」という答えにならないでしょうか?Windowsレベルの製品となると、企業が「買ってくれ」という前に我々が「売ってくれ」というほどです。

こうして考えると、「お金」=「他人を喜ばせた分だけもらえるもの」という考えも納得できます。どうにか「他人を喜ばせる」方法を考えていきたいものです。

評価

※個人的な評価となります。

総合評価:

第1弾同様に、単なる読み物としても大変おもしろく、自己啓発本としてもためになるという優れものです。特に第2弾では「お金」に焦点を当て、それに関する名言がたくさん出てくるので、「お金」にお悩みの方はぜひご一読ください。もちろん、第1弾に引き続きガネーシャも登場します。彼のユーモアとためになるアドバイスを堪能したい方にもおすすめです。

こんな人におすすめ

  • 読みやすく、わかりやすい自己啓発本が欲しいという人
  • 「夢(理想)」と「お金(現実)」の向き合い方も知りたという人
  • 「お金」に対する考えを学びたいという人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です