第24回 三浦将『自分を変える習慣力』

三浦将『自分を変える習慣力』

皆様、こんにちは。本日は、三浦将『自分を変える習慣力』をご紹介したいと思います。

三浦将『自分を変える習慣力』

感想

いきなりですが、質問です。皆様は「早起きをしよう」「ダイエットをしよう」「運動をしよう」など新たな習慣を始めようとしたことはありますか?

おそらくほとんどの方がそのような経験をお持ちかと思います。それでは、さらに質問ですが、その習慣化は成功しましたか?

少々返答に困る質問ですよね?(笑)私自身も新たに何かを習慣化しようと試みたことは何度もありますが、それが実際に成功したことは数える程しかありません。

「どうすれば習慣化が成功するのか。」その問いに対して筆者の三浦氏は「『潜在意識』を味方につける」と述べています。今回はその「潜在意識」について簡単に説明し、習慣化を成功させるための具体的な方法について考えていきたいと思います。

「わかっちゃいるけどやめられない」

筆者曰く、「潜在意識」とは人間の「意識」の中で自らが意識できない部分であるそうです。人間の「意識」は理性的に意識できる「顕在意識」と意識できない「潜在意識」に分けられます。

習慣というのは意識せずとも日々自動的に行う行為とも言えます。つまり、習慣をは「潜在意識」によって支配された行動と言うことができるでしょうか。

一説によると、「潜在意識」の意志力は「顕在意識」のそれの20000倍以上とも言われているどうです。禁煙中の人がタバコを吸ったり、ダイエット中の人が甘いものに手を伸ばしたり「わかっちゃいるけどやめられない」という状況に陥るのは「潜在意識」によってそのような行動が支配されているからだそうです。

よって、この「潜在意識」によって制御される行動を変えれば習慣が変わるということです。しかし、「潜在意識」というのは変化を大変嫌う性質を持つらしく、多くの人が習慣化に失敗するのもこのためだそうです。

そこで、具体的にはどうすれば習慣化に成功するのかに言及した部分があったので、少しご紹介したいと思います。

「まずは1つのことに集中する」

日々の生活習慣を変えたいと思う方の多くは、日々の生活の質を向上させ、自分をよりよくしていきたいとお思いのはずです。となれば、多くの習慣を一気に身に付けたいところですが、筆者に言わせれば、それこそが失敗の原因だと言います。

上で書いた通り、「潜在意識」を本来変化を嫌うそうです。そのため、一度にそのような「大革命」を起こすのは不可能です。言われてみれば当然ですよね?

振り返ってみると、私が習慣化に失敗してきた理由の多くがこれな気がします。活動時間を増やすために「朝5時30分におきる習慣を身につけよう」と思います。また、TOEICやTOEFLに興味を持ち始め、「英語の勉強を習慣化しよう」と同時に思います。さらには「朝食を自分で作るようにしよう」とも考えます。

そして、もちろん失敗します(笑)3つの習慣を一度に身につけるなんて今常識的に考えれば不可能だと我ながら思います。

しかし、私に限らず皆様もこのような計画や目標をかかげがちではないでしょうか?(私だけであったならばもうしわけありません…)

筆者曰く、習慣化の成功の秘訣は「まずは1つのことに集中する」ことだと言います。

さらには、頑張りすぎないことも重要だと述べています。例えば、毎朝8時起きていた人間が、いきなり明日から5時起床を目指しても長続きしないのは容易に想像できるでしょうか?また、毎朝10kmのライニングをするなどもはっきり言って普通の人にとっては現実的ではありませんよね?

計画や目標を立てた直後というのは、モチベーションも高く続けられそうな気になります。しかし、習慣とは毎日繰り返すものですから、当然モチベーションが低い時もあります。習慣は、その時でさえもできるぐらいの難易度に設定すべきだと筆者は述べています。

本書の冒頭で朝の早起きを習慣化するだけで仕事も家庭もすべてがうまくいくようになったという男性の例が書かれていました。1つの習慣が人生全体を変えてしまったのです。

「人生全体」というほど大げさなものではありませんが、私も最近似た経験をしました。それはこのブックレビューブログを書くことです。1日1冊毎日更新というコンセプトでやっているので、ブログ更新は私にとって習慣化の対象と言えるでしょうか。現在ブログ開設3週間ほどですが、なんとか毎日更新できています。すると、不思議なことに日々の生活でも少しずつ変化が現れるようになりました。ブログ更新のために読書をする習慣が身についたというのは当然ですが、その時間を確保するために朝起きる時間が早くなりました。起床時間が早まるときちんと朝食が取れるようにもなります。さらに、夜は普通に眠くなるので夜更かしもしなくなりました。

このように1つの習慣が生活全体を変えることはそれほど珍しくない気がします。そのため、「まずは1つのことに集中する」とありましたが、「1つのことに集中する」こと自体が結果的に生活全体でみてもより良い習慣につながるのではないかと考えます。

習慣をかえることで「自分を変えたい」とお思いの方にはぜひおすすめです。

評価

※個人的な評価になります。

総合評価:

今まで何かの習慣化に失敗していきたという人にはおすすめです。言われてみれば当たり前という内容が多いですが、これが大変参考になります。意外と忘れがちな基本を思い出させてくれます。目標が多すぎる・難しすぎるなど習慣化の失敗の原因は意外と基本的なところにあることが多いです。

こんな人におすすめ

  • 日々の習慣をよりよくしたいという人
  • 何かの習慣化に失敗してきたという人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です