第1回 メンタリストDaiGo『自分を操る超集中力』

メンタリストDaiGo『自分を操る超集中力』

皆様、こんにちは。本日は第一回目の投稿です。ご紹介する本は『自分を操る超集中力』(かんき出版)です。


メンタリストDaiGo『自分を操る超集中力』

 感想

本の内容に入る前に、著者であるメンタリストDaiGoさんのお話を少々させていただきます。”メンタリスト”という肩書きを見て皆様もお気づきかと思いますが、数年前まで”メンタリズム”とよばれる心理学を駆使したパフォーマンスを披露していた方です。

…と、私もDaiGoさんの著書を読むまではこの程度の認識しかなかったのですが、実はこの方大変に勉強熱心です。
本日ご紹介する『自分を操る超集中力』の冒頭にも書かれていますが、DaiGoさんは1日になんと10~20冊の本を毎日読むそうです。
1日1冊のブックレビューがやっとの私とは次元が違います(笑)

さらに、他の著書では世界でも名門とされるイギリスのオックスフォード大学への留学を将来的に計画しているそうです。

これを聞くと、生まれつきの恵まれた勉学の才能と日々の不断の努力の賜物だという印象を受けます。日々の努力の賜物であることはおそらく間違いないですが、勉学の才能に関してまったく逆だったそうです。

本書のまえがきで以下のように述べております。

「実は、かつて私は”LTD(学習障害)ではないか?”と両親や祖父に心配されるほど、集中力がなく、本当にじっとしていられない子供でした。当然、勉強もできません。成績は学年227人中、224位。」

このような状況から今の見違えるのような人物に変わったのは「すべて集中力のおかげ」と、彼は語ります。

そこで、その「集中力」の会得方法について本書でかなり具体的に十分な量で紹介されています。著者の説明がだいぶ長くなりましたが、ここからは私の感想を述べさせていただきます。

パーキンソンの法則

「仕事は、完了するために割り当てられた時間に応じて複雑なものへと膨れ上がっていく」

これはイギリスの歴史学者シリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した法則です。そして、私も例外なくこの現象を体験しています(笑)

私はまだ学生で土日祝日は基本的に休みのため、自由な時間が比較的多く取れている方だと思います。そのため、平日にやり残したことは休日に片付けてしまおうと思うわけです。しかし、皆様もうお察しだと思いますが、これがなかなか終わりません(笑)

「時間が十分にある」という感覚をもってしまうともうダメです。

まず、休日だからといって起床が遅くなる

→午後に予定がなく時間が取れるといって午前中を無為に過ごす。

→実際午後になってみると、昼食後に眠気が襲い、少し休んでからと思うが、”少し”にならない(笑)

→気づけば夕方、夜に少しでもやろうと思うが、夜は夜で結局やらない。

我ながら典型的な成功できないタイプの生活スタイルです(笑)

しかし、皆様も一度くらいはこのような経験がおありではないでしょうか?

本書はこの原因をおよそ次のように説明しています。

「時間がある」という感覚は必要以上の選択肢を我々に与え、それによって我々の中に「迷い」が生じることで集中力を失っていく。

よって、この対策として「仕事や勉強の時間を短く区切る」ことが挙げられています。こうすることで、使える時間が限定され、それによりできる仕事や勉強も限定されます。つまり、選択肢を減らすことで集中力の浪費を抑えるというものです。

そう言われてみれば、提出期限ギリギリの課題やレポートは比較的集中してできていると感じます。多くの大学では今がちょうどテストシーズンです。私も提出期限前日に慌ててレポートを書き始めたところ2時間余りで規定の4000字を書き終えました。これが仮に1週間後に提出という状況であれば、あと1週間あるうちの2時間という時間では絶対にできません。

このパーキンソンの法則とその対策法については、皆様も納得することが多いと思います。私も日頃から体感しているため、私自身の例も使い取り上げさせていただきした。

この内容は、本書第1章の一部となっています。このほかに第2章では「高い集中力を生み出す7つのエンジン」として場所、姿勢、食事、感情、習慣、運動、瞑想が挙げられています。さらに第3章では「疲れをリセットする3つの回復法」を解説し、第4章では「集中力を自動でつくり出す5つの時間術」を説明しています。それぞれの章で昨今話題の”パワーナップ”、”朝活”が集中力に対し及ぼす影響なども述べらています。

皆様もぜひ一読ください。

評価

※個人的な評価をとなります。

総合評価:

間違いなくおすすめです。集中力を手にいれる具体的な方法が十分に解説されています。また、その理論や根拠も専門的になりすぎることなく必要十分で大変参考になります。

こんな人におすすめ

  • 仕事や勉強に多くの時間を割いているつもりだけど結果が出ないという人
  • 日・週・月ごとの予定表やToDoリストを作るものの、なかなか思い通りにならない人
  • なんとなくやる気がでないとだらけてしまう人
  • 高い集中力を会得し、日々の生活をより充実させたい人
  • 多くの時間を割けない分、高い集中力で資格取得や趣味に励みたいと思っている人

人気ブログランキングに参加中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です